IACT 国際空港上屋株式会社-International Air Cargo Terminal Co.,ltd.

  • English Page
  • Chinese Page

IACT CARGO SERVICE


  • ホーム
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 施設案内
  • お問い合わせ

事業案内

輸入貨物ハンドリング

輸入航空貨物のエキスパート

上屋での輸入貨物ハンドリングは、我々の主要業務で長年にわたり羽田・成田国際空港で活躍してきた確かな技術と経験があります。貨物のブレイクダウンから引き渡しまで、「安全・確実・迅速」をモットーにすべてのお客様に満足していただけるサービスを提供しています。

  • 輸入貨物ハンドリングイメージ
  • 輸入貨物ハンドリングイメージ

航空会社ドキュメントハンドリング

多彩なサービスでドキュメント業務をサポート

航空会社より輸出入ドキュメント業務を受託しています。

輸入業務につきましては、主に航空機から到着書類の引き取り、到着AWBの仕分作業及びお客様へのデリバリー、貨物到着案内等を担当しています。また、ランプ担当、上屋担当へのULD・貨物の取扱指示も作成しています。

輸出業務につきましては、主に輸出書類の受付、航空機への輸出書類の引渡し、並びに積み付けプラン等を担当しています。

  • 航空会社ドキュメントハンドリングイメージ
  • 航空会社ドキュメントハンドリングイメージ

輸出貨物ハンドリング

成田から世界へ

輸出貨物の受領・ULDビルドアップ・計量を行っています。ランプに面し、駐機スポットが目の前にある輸出搭載上屋も運営しています。

  • 輸出貨物ハンドリングイメージ
  • 輸出貨物ハンドリングイメージ

ランプハンドリング

航空機の到着から上屋への貨物搬入をスピーディーに対応

航空機の到着から、貨物の取り降ろし、上屋への搬送を、スピーディーに行っています。輸出においても、上屋からの搬送、航空機への搭載、誘導路までの航空機のプッシュバックのサービスを一貫してIACTが行っています。

  • ランプハンドリングイメージ
  • ランプハンドリングイメージ

旅客業務

旅客便のお客様をご案内

国内外航空会社へ、カウンターでのチェックイン業務・搭乗ゲートの管理・到着業務などを提供しています。お客様の案内や誘導のほか、車椅子などお手伝いが必要なお客様のケアも、経験豊富なスタッフにお任せください。

  • 旅客業務イメージ
  • 旅客業務イメージ

オペレーション業務

航空機の運航を支援

旅客や手荷物の数、貨物の重量に応じて適切な搭載プランを計算するロードコントロール業務や、気象情報の提供などの運航支援業務を行っています。

  • オペレーション業務イメージ
  • オペレーション業務イメージ

スモールパッケージ(SP)貨物ハンドリング

Door to Door貨物ハンドリング

ドア・ツー・ドア・サービスの国際宅配便企業の良きパートナーとして、良質な業務サポートを行っています。

  • SP貨物ハンドリングイメージ
  • SP貨物ハンドリングイメージ

輸出手倉貨物ハンドリング

空港内好立地を活かし緊急貨物にも対応

輸出貨物の手倉業務、検量・梱包・ラベリング・リアイス等多様な物流ニーズにお応えしています。また、検査場への横持、爆発物検査も行います。

  • 輸出手倉貨物ハンドリングイメージ
  • 輸出手倉貨物ハンドリングイメージ

その他サービス

緊急貨物取扱サービス

緊急貨物取扱サービスは、特に引き取りを急ぐ貨物について、事前の指示に基づき、航空機到着後150分以内に貨物到着確認を行います。

サービスの詳細、指示方法等については、こちらをご覧ください。


混載HAWBラベル作成及び貼付代行サービス

弊社輸入上屋内の混載HAWB ラベルに不備がある貨物の混載HAWBラベルの作成及び貼付を代行します。

ご依頼いただく際は、下記依頼書(PDF又はEXCEL)にてお申し込みください。


南部事務所検査場及び北部貨物地区内における税関検査貨物積込・取卸サービス

成航(出)南部事務所検査場(以下「南部税関検査場」)において、搬送トラックからの検査貨物の取卸し及び、返送トラックへの積込み作業を行います。

南部税関閉庁時および時間外においては、北部貨物地区での検査実施となることから、北部貨物地区内 IACT A棟にて、検査貨物の取卸し作業及び、税関検査場への搬送、税関検査終了後、貨物引き取り及び、返送トラックへの積込み作業を行います。


New-JTO

庫内管理システム“New-JTO”を導入。よりスピーディー!より確実に!さらに効率的な業務処理を確立。


インポート
到着 コンテナ・ULDの取卸し ULDの解体 保税蔵置場 検査場 通関 貨物の引渡し
到着 コンテナ・ULDの取卸し ULDの解体 保税蔵置場 検査場 通関 貨物の引渡し
貨物の流れ
New-JTO
搬入 蔵置 検査 搬出 引渡し
搬入 蔵置 検査 搬出 引渡し
  1. ハンディターミナル(H/T)で貨物 をチェック
  2. バーコード付管理ラベルを貨物に貼付
  3. NACCSへ登録
  1. 管理ラベルをスキャンし、表示に基づき貨物を蔵置
  2. ロケーションを登録(バーコードスキャン)
  1. ハンディターミナル(H/T)で仮搬 出情報を受信
  2. 貨物を蔵置場所から取り出し指定の検査場まで運搬
  3. 貨物の戻し入れは、管理ラベルをスキャンし蔵置場所まで搬送、その後、蔵置場所バーコードをスキャン
  1. ハンディターミナル(H/T)でピックアップオーダー(P/O)情報を受信
  2. 貨物を蔵置場所から取り出し指定の搬出口まで運搬
  1. IDカードをスキャンし授受確認(お客様へ引渡し)

庫内管理システム NEW-JTO

エクスポート
貨物の流れ
出発 コンテナ・ULDの搭載

保税蔵置場

(航空会社搭載上屋)

保税蔵置場

(輸出上屋)

搬入 航空貨物代理店 荷主
出発 コンテナ・ULDの搭載 保税蔵置場(航空会社搭載上屋) 保税蔵置場(輸出上屋) 搬入 航空貨物代理店 荷主

ページトップへ