IACT 国際空港上屋株式会社-International Air Cargo Terminal Co.,ltd.

  • English Page
  • Chinese Page

IACT CARGO SERVICE


  • ホーム
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 施設案内
  • お問い合わせ

会社案内

代表者挨拶

代表取締役社長 塚原 治

当社は、1966年(昭和41年)、首都圏唯一の国際空港であった当時の東京国際空港(羽田)で、我が国初の共同上屋運営会社として輸入上屋業務をスタートし、1978年(昭和53年)新東京国際空港(成田)の開港とともに成田国際空港に移転し、2016年11月開業満50年となります。

この半世紀の間、私達は、税関、空港など御当局の指導の下、エアライン、フォワーダー、その他国際航空貨物業界の皆様のご協力をいただきながら、輸入上屋業務のプロとして、効率的で高品質なサービスを提供し、同時に、その公共的責任を果たしてきました。

特に21世紀に入ってから10年余りの間に、空港外の上屋サービスの提供、上屋業務のシステム化など、業務のさらなる効率化、高品質化、多様化を目指すとともに、輸出上屋業務、エアラインドキュメント業務、ランプハンドリング業務、旅客カウンター業務など、貨物を中心としつつも、エアラインの多様なニーズに対応できるよう、新規分野への進出を積極的に展開してきたところです。

私達は、「次の50年」に向けて新たなスタートをいたします。今後とも、貨物上屋の老舗としての原点を忘れず、社員一同一丸となって新しい時代の変化へ対応し、国際物流の発展に貢献していく所存です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 岡本 榮一


設立の経緯

1965年(昭和40年)に、羽田空港で輸入航空貨物の取り扱い・保管業務をAOC(Airline Operators Committee)から単独で指名され、輸入共同上屋業務を開始しました。1978年(昭和53年)には、成田国際空港開港と同時に同空港へ進出、以来、国際航空物流の歴史と共に共同上屋業のパイオニアとして、世界有数の国際航空貨物取扱量を誇る成田国際空港において、輸入航空貨物を取り扱っています。2008年(平成20年)には、千葉県山武郡芝山町の南部工業団地内に自社保税蔵置場(IACT成田物流センター)を開業し、輸出入貨物の取り扱い・保管業務を開始しました。2010年(平成22年)には、ランプハンドリング事業を開始したことで、成田国際空港における輸出入航空貨物のトータルサービスを実現しました。また、2011年(平成23年)にIACT成田物流センターが、AEO制度の特定保税承認者として認定を受けるなど、「安全・確実・迅速」をモットーに良品質なサービスを提供し続けています。


会社概要

会社名 国際空港上屋株式会社
営業開始 1966年(昭和41年)11月
資本金 3億円
業種 国際航空貨物取扱事業、貨物運送取扱事業
所在地
【本社】

〒103-0004

東京都中央区東日本橋1-1-7 野村不動産東日本橋ビル5F

TEL:03(3863)5930 FAX:03(3863)5929

【成田営業本部】

〒282-8691

千葉県成田市成田国際空港内 輸入共同上屋ビル

TEL:0476(33)7801 FAX:0476(32)8269

【羽田営業所】

〒144-0041

東京都大田区羽田空港2-6-3 第1国際貨物ビル474号

TEL:03(6459)9900 FAX:03(5708)0888

【IACT成田物流センター】

〒289-1608

千葉県山武郡芝山町岩山字井森戸114-7

TEL:0479(78)8859 FAX:0479(78)2050

関連会社
会社名 株式会社 アイ・シー・エス
営業開始 1987年(昭和62年)3月
資本金 1千万円
業種 人材派遣業・通関業
所在地
【本社】

〒282-8691

千葉県成田市成田国際空港内第1貨物代理店ビル

TEL:0476(32)7980 FAX:0476(32)7133

【羽田営業所】

〒144-0041

東京都大田区羽田空港2-6-3第1国際貨物ビル

TEL:03(5708)3028 FAX:03(3747)0048

会社名 スカイポートサービス株式会社
営業開始 2006年(平成18年)8月
資本金 1億円
業種 グランドハンドリング事業
所在地
【本社】

〒479-0881

愛知県常滑市セントレアー1-2中部国際空港内 第3国際貨物上屋

TEL:0569(38)9700 FAX:0569(38)0380


役員紹介

役職 氏名 担当等
代表取締役会長 塚原 治 営業総括
代表取締役社長 岡本 榮一 全体総括/内部監査
専務取締役 長島 敏明 社内調整/総務部/経理部/情報システム室/IT戦略/施設部
専務取締役 林 慶三 業務第三部/ランプ・旅客ハンドリング事業部
常務取締役 大矢野清利 業務関係総括/業務第一部/業務第二部/航空会社業務部/IACT成田物流センター
取締役 小長谷眞吾 業務管理部
取締役 川口 文紀 経営企画部/羽田営業所
取締役 大竹 政徳 スカイポートサービス株式会社 代表取締役社長
取締役 大西 啓介 営業部
監査役 永田 秀孝

企業理念

「IACTグループはアジアトップのグランドハンドリング会社を目指します」

IACTグループビジョン(企業理念)

  1. 輸入共同上屋日本一の老舗として航空貨物業界における公共的責任を果たします
  2. 安全第一を徹底します
  3. お客様に喜んでいただける高品質なサービスを競争力のある価格で提供します
  4. 健全で明るい職場風土を目指します
  5. 常に改革し続けます

IACTグループ社員行動規範

  1. 法令や会社の規則を遵守し、違反行為には目をつむることなく、環境へも配慮する良き企業人として社会貢献に努めます
  2. 規則や基準を守り危険を予測し、事故の無い安全作業を実施します
  3. 常にお客様の立場になって、お客様の要望を良く確認し、お客様のニーズに応える新しいサービスの提供を誠意と感謝をもって実施します
  4. 職場の仲間を尊敬し、差別やハラスメントの無い、お互いに思いやりのある明るく楽しい職場を築きます
  5. 自己研鑽を続け、現状維持を打破し、常に新しいことにチャレンジします

会社沿革

1963年(昭和38年)10月

会社創立 社名 藤井空港サービス株式会社

藤井空港サービス株式会社

1964年(昭和39年)12月

社名変更 国際空港上屋株式会社 略称IACT(イアクト)

1965年(昭和40年)12月

AOCから羽田空港の輸入共同上屋運営者 に指名される

1966年(昭和41年)11月

羽田空港にて輸入共同上屋(保税地域) 営業開始

1978年(昭和53年)5月

成田国際空港開港

成田営業本部を開設

成田国際空港にて輸入共同上屋(保税地域) 営業開始

成田営業本部

1986年(昭和61年)11月

成田国際空港輸入共同上屋増設棟供用開始

1993年(平成5年)8月

成田国際空港輸入共同上屋新設棟供用開始

1996年(平成8年)4月

成田国際空港第4貨物ビル上屋供用開始

1998年(平成10年)3月

羽田空港共同上屋東側貨物地区へ移転

2002年(平成14年)6月

成田国際空港第6貨物ビル上屋供用開始

2002年(平成14年)11月

羽田空港共同上屋閉鎖

2003年(平成15年)10月

IACT空南センター供用開始

2008年(平成20年)3月

IACT成田物流センター供用開始

2010年(平成22年)10月

ランプハンドリング事業開始

2011年(平成23年)3月

東京税関よりAEO制度の特定保税承認者として認定される

(届出蔵置場:IACT成田物流センター)

IACT成田物流センター


ページトップへ